NFTアートの出品方法とは?販売方法を知って収益につなげよう

「NFTアートを出品して販売する方法が知りたい」とお悩みではありませんか?

2021年からブームになっているNFTアート。販売方法がわからず迷ってしまいますよね。

「売れなかったらどうしよう」と不安になってしまうことも……。

NFTアートを出品し販売するのは誰でも可能です。手続きもむずかしくはありません。

今回は、NFTアートの出品方法や販売方法について解説します。

本記事を参考にすればあなたの作品が収益に結びつく可能性がありますよ。

NFTアートの出品方法・販売方法

NFTアート出品販売方法

作品が用意できたらNFTのマーケットプレイスに出品する必要があります。というのも店頭で販売するわけではないからです。

ここからはNFTアートの出品方法や販売方法について解説します。煩雑な手続きはほとんどありません。

出品する作品を用意する

出品し販売する作品を用意しましょう。

自分で用意してもよいですし、第三者に依頼しても構いません。作品を作るのはパソコンやスマートフォンでも可能です。

ただし第三者に依頼して作品を用意する場合は、著作権の扱いに注意が必要です。

くわしいNFT作品の作り方については別記事で解説しているので、参考になさってください。

NFTアート売買を扱うマーケットで必要事項を入力する

作品が準備できたらマーケットプレイスに必要事項を入力しましょう。

入力する事項は一般的に以下のとおりです。

  • 作品名
  • 作品の紹介
  • ブロックチェーンの選択や設定

NFT化するための情報は一般的なことばかりで、さほどむずかしいことはありません。

販売方法の選択をして出品

NFTアートの主な販売方法は以下のとおりです。

  • 定額販売
  • 価格が上がっていくオークション形式(イングリッシュオークション)
  • 価格が下がっていくオークション形式(ダッチオークション)

定額販売はそのままの意味です。わかりやすい販売方法なため初心者でもはじめやすいですね。

イングリッシュオークションの場合は、入札をする都度価格が上がっていく方式で、よく見聞きする方法です。

ダッチオークションは、入札の都度価格が下がっていく方式。買い手がつくまで価格が下がり続けるため買い求めやすい方法です。

NFTアートが売れなかったら?

NFTアートが売れなかったら

NFTアートはまだ話題になったばかり。そのため価格は曖昧な部分があります。

「作品にいくらの値段をつけたらよいのか」悩んでしまったら、期限を決めて徐々に値下げをおこなう方法もありますよ。

出品しても自分の作品が売れなかったら、以下のことを考えてみましょう。

需要がある作品だったのか

ファッションに流行があるように、アートの世界にも流行があります。現在主流になっている作品に近いものを出品していたのか確認してみましょう。

マーケティングは適切だったか

作品を売るためにはマーケティングが必要です。知ってもらわなければならないからです。たとえば見ず知らずの他人で実績のない人の作品を、買いたいとは思いませんよね。

自分自身のことや自分がどのような作品を作っているのか知ってもらえば、売りやすくなりますよ。SNSやブログなどで発信することが大切です。

オリジナリティーがあったか

SNSや報道で話題になった作品と同じような作品だと売れる可能性は低いです。というのも「こういうのが売れるのか」と参入する人が多いから。

自分の作品が埋もれてしまって見てもらえなければ売れません。

NFTアートを販売している日本人

NFTアートを販売している日本人

NFTアートは海外だけのものではありません。日本人も多く活躍していますよ。

ここからはNFTアートを実際に出品した実績がある日本人アーティストを紹介します。

VRアーティスト「せきぐちあいみ氏」

せきぐちあいみ氏はVR(バーチャルリアリティ空間)に立体のアートを描くアーティストです。彼女の作品はOpenSeaに出品し、1,300万円で落札されています。

国内外で注目されているアーティストであり、NFTマーケットプレイスのOpenSeaからSNSをフォローされるなど期待が高まっています。

オシャレな色合いの女の子を描くのが得意な「おにぎりまん氏」

ポップでオシャレな色合いの女の子を描くおにぎりまん氏。トップクラスの実績を誇るNFTアーティストとして活躍なさっています。

おにぎりまん氏のNFTアートは日本にいる芸能人も買い求めており、今後は日本だけではなく世界での活躍が期待されています。

2021年11月現在OpenSeaでの総売上はETH190(イーサリアム190)です。日本円に換算するとおよそ9,000万円にもなります。

ポケモンカード公認イラストレーター「さいとうなおき氏」

さいとうなおき氏はポケットモンスターやポケモンカードゲームでおなじみのイラストレーターです。YouTubeでも情報発信されていますよね。

2021年10月自身が販売したNFTアートはETH 13.69、日本円に換算するとおよそ600万円で落札されています。

NFTアートは資産価値の可能性がある:まとめ

まとめ

最近話題になっているNFTアートを出品して販売するのは誰でも可能です。というのも作品をNFT化して販売すればよいからです。

ただ売るためにはマーケティングも重要。高額で売れたアーティストの多くは、SNSでのフォロワーが多く、そもそも著名であり実績があったからです。

これからNFTアートを出品し販売するためにはマーケティングも考えておきましょう。NFTアートは資産としても注目されていますよ。


投稿順 新着順