【話題の!】NFTアートの買い方は?メリットデメリットと注意点

「話題のNFTアートを手に入れたいけど、買い方がわからない」といったお悩みはありませんか?

NFTアートといわれても、はじめて買う方には購入方法がわかりづらいですよね。

一般的にアートを買うには実店舗へ出向き実物を見て買うことがほとんどです。でも実はNFTアートを買うのに実店舗はないのです。

今回はNFTアートの買い方について解説します。NFTアートを手に入れるメリットやデメリットも合わせて解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

NFTアートの買い方を理解すれば、あなたもお気に入りのアートを手に入れられますよ。

NFTアートの買い方は?

nftとブロックチェーン

NFTアートはデジタルアートにブロックチェーン技術を用いて所有権を与えられた唯一のデータです。

NFTアートはデータなため実店舗で売っておらず、オンラインで売買しています。

ここからはNFTアートを売買しているマーケットと買い方の手順を解説します。

NFTアートを売買しているマーケット

イーサリアム

NFTの売買で使われているイーサリアム。実はガス代(GAS)が発生します。

ガス代といっても家庭などで使う、燃料ではありません。NFTアートをはじめて買う方には耳なじみのない言葉ですよね。

ガス代はいわゆる価格が変動する手数料です。NFTアートの売買が盛んでニーズの高まりがあればガス代もあがります。

ここからはNFTアートの売買が可能なマーケットを紹介します。

オープンシー(OpenSea

オープンシー(OpenSea)は、NFTマーケットプレイスの中でも最大手の取引所です。わかりやすい取引方法で人気があります。

最近では日本人のアーティスト(村上隆氏、せきぐちあいみ氏など)も出品したことで話題になりました。

ラリブル(Rarible

ラリブル(Rarible)は前述したオープンシー(OpenSea)同様、大手の取引所で人気を二分しています。

ラリブル(Rarible)最大の特徴はRARIという独自に発行されたトークンです。

手数料のガス代はやや高額。運用には注意が必要です。

コインチェック(Coincheck

オープンシーやラリブルが世界を代表するように、日本代表なのがコインチェックです。

コインチェックはビットコインなどの仮想通貨を売買するマーケット。2021年よりコインチェックで扱う仮想通貨とNFTの交換が可能なサービスを展開しています。

ただ2021年11月現在、コインチェックはNFTとの交換のみです。NFTアートの取り扱いには今後の期待が高まっています。(参考:コインチェック

買い方の手順

NFTアートの買い方について確認していきましょう。前提としてNFTアートの購入には仮想通貨が必要。

NFTアートの買い方は以下のとおりです。

  • 仮想通貨を扱うサイトに登録をする
  • NFT取引をするためのウォレットをつくる
  • NFTプラットフォームとウォレットを連携させる
  • NFTアートの取引をする

はじめてNFTアートを購入する場合、耳慣れない言葉がでてくるかと思います。

ひとつずつ確認しながら手続きをしましょう。

NFTアートを買うメリットとデメリット

メリットとデメリット

NFTアートの購入を検討している方の多くは、メリットやデメリットについて確認したいのではないでしょうか。というのもはじめての取引には不安がつきものだからです。

ここからはNFTアートを買うメリットやデメリットについて解説します。

メリット

  • ブロックチェーン技術により改ざんできない「唯一性」が担保されている
  • 一般的な美術品やアートなどと違いインターネットから誰でも簡単に購入できる
  • 話題性や将来性があるため資産価値になる可能性がある

NFTアートを買う最大のメリットは「本物が手に入れられる」ことではないでしょうか。というのもNFTアートには「唯一性」が担保されているからです。

デジタルアートはこれまでコピーや拡散などが頻繁に行われており、本物とコピーの見分けがつきにくいこともありました。

NFTにより所有権が保証されることから安心して買い求めることが可能になったのです。

デメリット

メリットが多くある一方で、デメリットもあります。

  • 法の整備が追いついていない所有権や著作権などが曖昧
  • NFTのニーズがあがれば手数料のガス代があがる
  • 価格の変動がある

デジタルアートの価値は一気にあがることもあれば、急落する場合もあります。株式と似た部分があるため、最初は小さい取引からはじめることをおすすめします。

NFTアートを買う上での注意点

注意点

NFT市場は現在大いに賑わっています。そのため販売者のなりすましが問題になっています。

というのも誰でも匿名でアカウントを作成できるからです。

販売者のアカウントと本人との紐づけが正確ではない可能性があります。出品者が実はなりすましだった事例は残念ながら現在までに報告されています。

まとめ

NFTアート買い方のまとめ

NFTアートの買い方は以下のとおりです。

  • 仮想通貨を扱うサイトに登録をする
  • NFT取引をするためのウォレットをつくる
  • NFTプラットフォームとウォレットを連携させる
  • NFTアートの取引をする

NFTアートの買い方と注意点を理解しておけば、とまどうことなく買い求められるでしょう。

資産価値があることから今後ますます期待が高まると予想されるNFTアート。

あなたも手に取ってみてはいかがでしょうか。


投稿順 新着順