今注目されている「NFTアート」とは?特徴や高額で取引される理由

「高額で落札されたのは、なんと小学生が描いたアートだった」と話題になっているNFTアート。2021年はNFTアートが大きく発展しました。

「NFTアートってなに?」「NFTアートはなぜ高額で取引されているの?」と疑問に感じていませんか?

アートといえば一般的に絵画や彫刻を思い浮かべますが、NFTアートは所有権が保障されているデジタルアートなのです。

今回は、NFTアートとはなにか、特徴や注目されている理由を解説します。

なぜNFTアートが高値で取引されるのかについても合わせて解説しているので、ぜひご覧ください。

NFTアートとは?現実の絵画のように資産価値を持つ

NFTアートとは

2021年は海外国内問わず「高額で取引された」など話題になっているNFTアート。はじめて耳にする方も多いのではないでしょうか。ここからはNFTアートとはなにか、注目されている理由について解説します。

NTFアートとは?所有権が保障されているデジタルアート

NFTとはNon-Fungible Token(ノンファンジュブル・トークン)の略です。日本語では非代替性トークンと呼ばれています。

ブロックチェーン上で発行される代替できない唯一のトークンです。

代替不可能なため唯一無二のデータであると証明できるよう、資産鑑定書・所有証明書の役割をNFTはもっています。

つまりNFTアートとは、唯一無二の所有権を有するデジタルアートなのです。

ブロックチェーン技術とは

ブロックチェーン技術

ブロックチェーン技術とは、安全にデータを管理・記録できる技術のこと。分散して管理しているため分散台帳とも呼ばれています。

ブロックチェーン技術の特徴は以下のとおりです。

  • データの書き換えなど改ざんが困難
  • システムダウンなどの障害に強い
  • 分散しているためハッキングに強い

ブロックチェーン技術は暗号通貨・自動契約・製品情報の追跡にも活用されています。

NFTアートの特徴

所有権が証明されるNFTアートは、以下の特徴があります。

  • 唯一性が担保されている
  • 誰でも取引できる公平性がある
  • 付加機能をデータにプログラムできる

それぞれくわしく解説します。

唯一性が担保されている

NFTアートには唯一性が担保されています。というのもブロックチェーンによって「代替ができないトークン(NFT)」により、デジタルアート(デジタルデータ)に所有権が保障されるからです。

NFTが一般的になるまでは、複製などの恐れがデジタルデータにはあったのです。そのためコピー製品が世に出回り、本物とコピーの見分けがつきにくい場合もありました。

NFTが登場しデジタルアートをNFT化することで、作品がオリジナルのデータだと証明されることから唯一無二の「たったひとつのオリジナル」となるのです。

誰でも取引できる公平性がある

NFTアートを扱うプラットフォームは誰でも公平に取引できます。年齢や性別、国籍など問わずNFTアートを販売できます。

たとえば小学生だとしても描いたアートをNFT化して売りに出せるのです。偏見や差別があり思うように活動できなかった人たちにとって、NFT市場はアーティスト活動の場でもあります。

付加機能をデータにプログラムできる

NFTは売買の取引だけではありません。実は付加機能をデジタルデータにプログラムできるのです。

たとえばデジタルアートを作成しNFT化して販売したとしましょう。

「売れたら販売元(原作者)に売上の○%を送金して欲しい」といった内容を組み込めるのです。

デジタルアートをNFT化し販売することで収益化する、新たな活路を見いだしたといっても過言ではありません。

NFTアートが高額で取引される理由

NFTアートとは

NFTアートが高額で取引される理由は、唯一無二の存在だからです。というのもデジタルアートはコピーされやすく、本物かコピーかの見分けがつきにくかった経緯もあります。

デジタルアートをNFT化することで、所有権が担保されることから「コピーではないオリジナル」だと証明できるのです。そのためNFTアートは投資対象としても人気があります。

今後に期待が高まるNFTアート:まとめ

NFTアートとは、唯一無二の所有権を有するデジタルアートです。ブロックチェーン技術によりNFT化されたデジタルアートは、2021年人気を集めました。

NFTアートの特徴は、以下のとおりです。

  • 唯一性が担保されている
  • 誰でも取引できる公平性がある
  • 付加機能をデータにプログラムできる

NFTアートを扱うプラットフォームは誰でも公平に取引できます。年齢や性別、国籍など問わずNFTアートを販売できるのが魅力です。

2021年NFTアートの市場は大きな展開を見せました。2022年以降もNFTアートへの注目は高まるばかりでしょう。

あなたもお気に入りのNFTアートをひとつみつけてみてくださいね。

 


新着順